teamsaori
 

お知らせ

一覧 >> Article details

伊藤幸彦准教授のグループが日本海洋学会の日高論文賞を受賞

東京大学大気海洋研究所 地球表層圏変動研究センターの伊藤幸彦准教授の研究グループが 日本海洋学会の2018年度日本海洋学会日高論文賞を受賞しました。

岩手県大槌沖における本研究は、海の中の内部波が伝わる様子を明らかにしたものです。内部波の作用によって海の中の栄養が運ばれるため、今後の三陸沿岸の漁業においても重要な研究成果が示されました。


受賞対象論文:

Itoh, S., H. Kaneko, M. Ishizu, D. Yanagimoto, T. Okunishi, H. Nishigaki, and K. Tanaka (2016)

Fine-scale structure and mixing across the front between the Tsugaru Warm and Oyashio Currents in summer along the Sanriku Coast, east of Japan, Journal of Oceanography, 72(1), 23-37.


受賞情報の掲載URL

 http://kaiyo-gakkai.jp/jos/about/jos_awards



2018日本海洋学会日高賞

写真右端が伊藤幸彦准教授

2018/06/15