teamsaori
 

お知らせ

一覧 >> Article details

京大の益田准教授らによる舞根湾周辺での研究論文が出版されました
テーマ2のメンバーである京都大学の益田玲爾准教授らによる、震災後の舞根湾周辺での生物相の回復に関する研究論文が出版されました。

Masuda R, Hatakeyama M, Yokoyama K, Tanaka M (2016) Recovery of Coastal Fauna after the 2011 Tsunami in Japan as Determined by Bimonthly Underwater Visual Censuses Conducted over Five Years. PLoS ONE 11(12): e0168261. doi:10.1371/journal.pone.0168261

舞根シロメバル

メディアでも取り上げられました。

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201612097069/


2016/12/16