お知らせ

一覧 >> 記事詳細

ニュースレター「メーユ通信」第8号を刊行!
ニュースレター「メーユ通信」第8号を刊行しました。
http://teams.aori.u-tokyo.ac.jp/whats-happening/newsletter

今回の特集は「プロジェクトを担う若手研究者たち」と題して、
TEAMSのプロジェクトの中で観測・調査を担っている若手研究者たちをとりあげました。
厳しさをともなう自然環境下や実験室で、地道な作業を続けてきた彼らが、
数年に渡る研究の成果を紹介しています。

「街歩き」のコーナーでは、おらが大槌夢広場・代表理事の臼沢和行さんにお話をうかがいました。
被災地における復興ツーリズム事業を独自のプログラムでユニークに展開し、
まちの活性化に取り組んでいらっしゃいます。

ぜひご覧ください!(以下の画像からPDFファイルをご覧になれます。)

メーユ通信8号
メーユ通信8_L.pdf

第8号 1.Feb.2017
●特集:
  プロジェクトを担う 若手研究者たち
 ・広瀬 雅人 大槌湾の生き物の多様性を調べ、その証を後世に残す
 ・楊 燕輝 海の中の微生物の役割と震災後の変化
 ・立花 愛子 食物連鎖の出発点・プランクトンを調べる
 ・石津 美穂 大槌湾の外洋環境と湾内の循環との関係
 ・川上 達也 大津波後にみられたアユの生態の変化を調べる
●生き物図鑑 ⑧ ウミニナ類
  伊藤 萌  東京大学大気海洋研究所・特任研究員
●街歩き ⑧
    「まちの活性化を目指して
    研修向けの復興ツアーを開発」
  臼沢 和行さん(おらが大槌夢広場 代表理事)
●はまさんの台所 ⑧
  カキのお勝手鍋

2017/02/02