東北地方太平洋沖地震とそれにともなう津波で被害を受けた東北の海で、海洋生態系の調査研究を行う「東北マリンサイエンス拠点形成事業」。プロジェクトの一員として、岩手県大槌町を拠点に三陸沿岸域の調査を行っている”東京大学大気海洋研究所グループ(プロジェグランメーユ)”のウェブサイトです。

地点名(青)をクリックするとその地点の調査状況のページが表示されます。



テーマごとの調査状況は以下↓をクリック

宮古湾久慈湾織笠川山田湾船越湾大槌湾大槌川鵜住居川釜石湾甲子川大槌沖合盛川大船渡湾広田湾気仙沼舞根湾気仙沼湾志津川湾女川湾女川沖合鮫浦湾石巻湾松島浦万石浦
モニタリング  沿岸生態系  物質循環  汚染物質

モデル構築  河川・沿岸の物質循環

混合拡散とモデル化  新青丸
 
カイアシ類の休眠卵産卵メカニズムの謎
今回は小さな動物プランクトンの、さらに小さい卵のお話しです。海にはカイアシ類と呼ばれる動物プランクトンが数多く生息していて、生態系を支える重要な役割を担っています。一部のカイアシ類は、通常の産卵...
【報告】大気海洋研究所 2016 一般公開
10月21・22日、東大柏キャンパス一般公開が開催されました。キャンパス全体で一般公開を行っていますが、大気海洋研究所も大人気で、毎年たくさんの方にお越しいただいています。今年は本研究所だけで推...